人気のウォーターサーバーをコストと安全面から徹底比較しました。無料お試しや、水のノルマの有無、違約金やお得なキャンペーン情報などを掲載しています。

ウォーターサーバー

放射能の心配がないRO水ウォーターサーバー比較

投稿日:

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故の際に関東でも一部地域の水道水から放射能が検出されたのは、記憶に新しいです。

空気中に漂っている放射性物質による外部被爆はもちろんですが、食品や飲料中に含まれる放射性物質を体内に取り込むことによって起きる内部被爆は、全身のどこかの組織に沈着した場合、慢性の疾病や子孫に遺伝障害を残すと言われています。食や水の安全性を無視することはできなくなりました。

水道水を沸騰させても塩素は取り除けますが、放射能は除去できません。特に赤ちゃんだけでなく小さなお子さんがいるご家庭や健康に気をつけるご家庭には、水の安全は大きな問題です。リスクは負いたくありませんよね。

そこでお勧めなのが、RO水のウォーターサーバーになります。

水中から放射性物質を取り除けるRO膜

RO(逆浸透)膜とは、ろ過膜の一種であり、水を通しその他の不純物は透過しない性質を持つ膜のことです。専門機関の調査によれば、水に含まれる放射性ヨウ素(I-131)の除去に、逆浸透膜(RO膜)によるろ過が唯一有効な手段である旨の発表もされています。

参照元 http://www.nirs.go.jp/information/info.php?i11

そういったことからウォーターサーバー業者は、最新のRO(逆浸透)膜システムを使って水(水道水や原水)から、一般の浄水器では取り除くことの出来ないウィルスや環境ホルモン、放射性物質などを取り除いて安全な純水を製造しています。

定期的に実施されている放射能検査

各ウォーターサーバーの公式サイトには、放射能の測定検査結果をPDFファイルなどで誰でも閲覧できるようになっています。中でも、特に注意が必要な「放射性セシウム」や「放射性ヨウ素」は、最重要項目として報告されてます。そういったことから、RO水のウォーターサーバー業者であればどこでも放射能は安全だといえます。

会社名 放射能検査確認 放射能検査元 採水地 過去放射能検出 詳細
アクアクララ 会員サイトにて検査報告書pdfあり 株式会社エバテック 全国のプラントで地下水を採水 過去検出なし 詳細はこちら
アルピナウォーター 会員サイトにて検査報告書pdfあり 長野県薬剤師会検査センター 北アルプスの湧き水 過去検出なし 詳細はこちら
クリクラ 会員サイトにて検査報告書pdfあり 株式会社化研 西日本を中心とした全国のプラントで地下水を採水 過去検出なし 詳細はこちら
コスモウォーター 会員サイトにて検査報告書pdfあり 株式会社シー・アール・シー食品環境衛生研究 富士採水地・京都採水地 過去検出なし 詳細はこちら
ハワイアンウォーター 海外の水なので検出なし - ハワイオアフ島 過去検出なし 詳細はこちら

それでも日本の水が不安な方は・・・

このサイトは、RO水を提供しているウォーターサーバー業者のみの比較ですので、どの業者も安全です。ただ、RO(逆浸透)システムを使っていても元になる水は、日本の水です。放射能の影響が全くないとは言い切れません。

そういった中で、ハワイアンウォーターだけが、海外の水を使用しています。採水はオアフの地下水で世界有数の大気汚染が少ないといわれている地域です。その水をRO(逆浸透膜)システムを使ってさらに分子レベルまでろ過を繰り返した純度99.9%ピュアウォーターにして提供してます。

ですので、日本の水だと心配だと言う方は、ハワイアンウォーターがオススメです。

ハワイアンウォーター 採水地:ハワイオアフ島

ハワイのお水
  • 500ml換算で39.5円という激安のお水!
  • RO水だけど原水は北アルプスの天然水。
  • 12Lと18.9Lの容量のボトルで選べる。
  • 毎月の水の注文ノルマがない。
ハワイウォーターはハワイのオアフ島の水を原水として、逆浸透膜(RO膜)でろ過された99.9%純水のピュアウォーター。放射線物質などを心配されるされる方には安心な水として人気が高くなっています。ミネラルなどの余計な雑味が少ないため、とにかく口あたりが非常になめらかといった声が多いのも特徴。

-安全性で比較
-

Copyright© ウォーターサーバー , 2017 AllRights Reserved.