人気のウォーターサーバーをコストと安全面から徹底比較しました。無料お試しや、水のノルマの有無、違約金やお得なキャンペーン情報などを掲載しています。

ウォーターサーバー

赤ちゃんの粉ミルク、調乳におすすめのRO水ウオーターサーバー比較

投稿日:

昔は、煮沸した水道水を使って赤ちゃんのミルクをつくることが当たり前でしたが、原発問題や群馬県の水道水から病原性原虫が検出されたニュースなど水道水の安全性にも確信が持てなくなってきました。

実際、「水道水は臭い」と感じたことはありませんか?

匂いの原因は、殺菌のためにまぜられている塩素です。

塩素は、水に溶けているアンモニアと化学反応を起こすとカルキ臭を発生します。塩素自体は、空気に触れると気体になって消えるので問題ありません。

しかし、浄水場での浄水処理(川の水を飲み水にすること)の時に塩素が水に加えられると、発癌性のある「トリハロメタン」が発生します。

トリハロメタンは体内に入ると、中枢神経や肝臓など臓器に負担がかかるとともに、アトピーやぜんそくを悪化させるなど様々な危険性が指摘されています。

原水の汚染度が高いほど塩素もたくさん入れられる傾向にあるので、人口密度が高い都会ほど「トリハロメタン」のリスクが高まると言えるかもしれませんね。

トリハロメタンを気化させるには、15分~30分沸騰させればいいと言われていますが、大人よりも免疫力や体内の機能が整っていない赤ちゃんには少量でも影響が出てしまいます。

では、赤ちゃんにはどういった水がいいのでしょうか?

赤ちゃんの粉ミルクや調乳には軟水がいいと言われています。

水には硬度がある
水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれていて、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。

引用http://www.evian.co.jp/water/type/04/

つまり軟水とは、カルシウムやマグネシウムと言ったミネラル成分が少ない水のことです。

赤ちゃんは、大人と違って胃腸の働きがしっかりしていませんので、ミネラル成分が多い硬水だと、赤ちゃんの消化器には負担になってしまい、赤ちゃんがお腹を壊す原因になります。

粉ミルクには予め必要なミネラルがきちんと計算して配合されているので、赤ちゃんには余計な成分がほとんど含まれていない軟水やピュアウォーターがおすすめです。

赤ちゃんが飲む粉ミルクに最適な軟水の硬度は60mg以下

一般的に赤ちゃんが飲む粉ミルクは、母乳に出来るだけ近くなるように考えられて作られています。

実際、粉ミルクの大手メーカー、明治(ほほえみ)の公式サイトでは、「調乳の時、ミネラルウォーターを利用する時は、以下の数値を参考にしてください。」と記載があります。

明治「ほほえみ」を利用した時のミネラル等の目安
pH 6~8
マグネシウム(Mg) 30mg/L以下
ナトリウム(Na) 42mg/L以下
カルシウム(Ca) 285mg/L以下
カリウム(K) 367mg/L以下
硬度 120以下(できれば60以下が望ましい)

参照http://qa.meiji.co.jp/faq/show/1553

「硬度は、できれば60mg/L以下が望ましい」と記載されています。

ですから赤ちゃんの粉ミルクには、硬度60以下の軟水であれば問題ありません。

赤ちゃん専用プランを用意している水宅配業者この2社

そういった条件をクリアして赤ちゃん専用のウォーターサーバープランを用意しているのがアクアクララとクリクラになります。クリクラママは、妊娠中の方or1歳未満の赤ちゃんのいるご家庭限定で、ベビアクアは、妊娠中or3歳未満の赤ちゃんのいるご家庭限定となります。母子健康手帳のコピーの提出が必要です。

クリクラママVSベビアクア 水の硬度比較

会社名 クリクラママ ベビアクア
硬度 30 29.7
成分 カルシウム:6.6mg/リットル
ナトリウム:5.0mg/リットル
マグネシウム:3.3mg/リットル
カリウム:1.7mg/リットル
pH:7.3(中性)
カルシウム:9.8mg/リットル
ナトリウム:5.0mg/リットル
カリウム:1.7mg/リットル
マグネシウム:1.2mg/リットル
pH:7.3(中性)

水の硬度は、クリクラママ、ベビアクアどちらも推奨されている60mg/L以下の30前後の軟水となっていますので、赤ちゃんの粉ミルクだけでなく、飲み水や離乳食にも安心して利用できますね。

クリクラママVSベビアクア 1カ月トータルコスト比較表

会社名 クリクラママ ベビアクア
水代(24L) 2,500円 2,400円
サーバレンタル料 無料 1,000円
サーバメンテナンス料 約420円 無料
電気代 約535円~
※1
約700円~
水の宅配料金 無料 無料
月額合計 約3,455円~ 約4,100円~

※料金は税別です。
※1※電気代はクリクラ省エネサーバーL(節電タイプ)の料金です。ご家庭の使用状況により変動します。
1ヶ月のトータルコストでは、ベビアクアよりクリクラママの方が若干安くなっています。ただ、キャンペーンや無料お試しなどその他の条件もありますので、トータルで比較・検討してみてください。

クリクラママVSベビアクア その他詳細

会社比較項目 クリクラママ ベビアクア
無料お試し(無料体験) あり なし
初期費用等 なし
※省エネサーバーは、初期費用7,000円が必要。
なし
ノルマの有無 なし なし
ノルマ救済処置 - -
最低購入本数 12リットルボトル2本~ 12リットルボトル2本~※地域により異なる
追加注文 WEBなら24時間・電話で随時追加注文可能 WEBなら24時間・電話で随時追加注文可能
解約手数料 いつ解約しても無料 1年以内にベビアクアプランを解除した場合、解除料(3,000円)+6ヶ月以内にアクアクララを退会した場合、退会手数料(3,000円)
解約手数料の負担キャンペーン なし なし
放射能検査 過去放射能検出なし 過去放射能検出なし
宅配地域(配送エリア) 全国配送※沖縄・離島除く 全国配送(一部地域除く)
配達業者 専任配送員 アクアクララ専属配達員(地域によっては契約配送業者)
支払い方法 クレジットカード・現金引き換え・口座引き落とし・銀行振込 クレジットカード・銀行口座引落
※法人の場合は銀行振り込み可能

クリクラママVSベビアクア キャンペーン比較

クリクラママになろうキャンペーン
・提供内容・・・ クリクラ3本無料サンプル提供、サーバー無料貸し出し
・期間・・・ 2ヶ月以内
・エリア・・・ 日本国内(沖縄・離島を除く)
※契約してもしなくても完全無料
ベビアクア はじめてセット
・ボトル3本無料と設置月のあんしんサポート料込みで1,200円(税別)
・対象期間中毎年5本分無料プレゼント!最大で20本が無料!
・ロック付温水フォーセット付
※最低半年以上の契約です

無料のお試しや月々のランニングコスト、解約時の手数料が無い点などを考えると、クリクラママの方がお勧めです。

ただ、クリクラママは、赤ちゃんが1歳未満という条件が付きますので、1歳以上のお子さんや複数人の子供がいらっしゃる場合は、対象年齢が3歳までで毎年無料でボトルチケット5本分(60L分)がもらえるベビアクアがオススメです。

クリクラママ

  • 「まずは、無料でウォーターサーバーを試してみたい」
  • 「コストを安く抑えて、継続したい」
  • 「ノルマなしで、自分のペースで注文したい」
  • 「解約時の手数料は払いたくない」

といった方は、クリクラママがおすすめです。

ベビアクア

  • 500ml辺り54円で経済的!
  • 毎月の注文ノルマなしで、自分のペースで水を頼める。
  • 沖縄県でも注文可能。
  • モンドセレクション水部門「優秀品質最高金賞」を5年連続受賞(2012~2016年度)

-安全性で比較
-

Copyright© ウォーターサーバー , 2017 AllRights Reserved.